赤ぶどう葉はむくみ解消の救世主!

赤ぶどう葉って健康に何がいいの?

 

赤ワインの原料である、赤ぶどうは、ポリフェノールがたくさん入っていることで有名ですが、実は、葉の部分にも多くポリフェノールが含まれています。

その量、なんと、赤ワインの100倍から300倍です。

 

ヨーロッパでは、血液の循環を良くするハーブと考えられ、お茶として飲用されてきました。日本でも、ハーブティーとして、専門店などで購入できます。もし、興味のある方は試してみてください。味は、ほのかなぶどうの風味で、少し渋みがあるそうです。お茶は、薄い赤色だそうですが、レモンティーにすると、ピンク色に変わるそうです。

 

この赤ぶどう葉にも多く含まれるポリフェノールには、抗酸化作用があることは有名ですが、実は、コラーゲンの合成を高める効果もあり、肌の老化予防の効果も期待できます。
そのほかにも、ポリフェノールは、血管保護、血流改善、脳梗塞や動脈硬化の予防、肝機能の向上、コレステロール値の改善、殺菌効果、認知症予防、眼精疲労の改善、視力の向上など、様々な効果があります。

 

さて、人類と赤ぶどう葉との出会いはいつごろなのでしょうか。
医学的に赤ぶどう葉が使われたのは、なんと、ローマ時代だそうです。外傷の治療に使った記録が今も残されています。その後、様々な研究がなされ、今では、ドイツやスイスでは、医薬品として販売されています。日本でも、近年販売され始めました。

 

つまり、赤ぶどう葉の何がいいかというと、赤ぶどう葉に含まれる、たくさんのポリフェノールが体にいいということなのです。

 

赤ぶどう葉に含まれる、ポリフェノールというと、アントシアニンばかりに目が行きますが、最近注目されているのは、レスベラトロールというポリフェノールだそうです。この、レスベラトロールはぶどうをカビから守る作用で知られていますが、どうやら、がんからも守ってくれているようです。
他にも、肥満防止、アルツハイマー疾患の進行予防に役立つという研究報告もあります。

 

しかし、ポリフェノールは、体に蓄積されにくく、1度にたくさん摂取しても、短時間で効果が失われてしまう、とても繊細な成分です。赤ワインなら、苦みや渋みが強いワインを、毎日2杯程度飲めば効果が得られると言われています。好きな人なら簡単に取れる量かもしれませんが、お酒を飲まない人や、重いワインが苦手な人には、なかなか難しい量ですね。

 

今は、サプリメントでとることもできるので、気になる人は試してみてください。

 

 

するるのおめぐ実は楽天やamazonよりも公式サイトがお得♪

今なら初回限定で70パーセントOFFキャンペーン中!

するるのおめぐ実むくみ効果口コミボタン

関連ページ

明日葉に含まれる成分をチェック
あしたばはむくみに効果があるといわれています。ここで、明日葉に含まれる成分をチェックしました。栄養満点の成分あなたはいくつ知っていますか?
とうもろこしのひげ 実はスゴイんです
とうもろこしのひげ、食べたことありますか?日本では捨てられてしまいがちなヒゲは韓国では煎じてお茶としてうられているんですよ。むくみに効果があるといわれているので、むくみやすい人は要チェック!
とうもろこしのひげ効果とは?
とうもろこしのひげはむくみに対して非常に効果的といわれています。ここでは、とうもろこしのヒゲを摂取することで得られる効果をお伝えしています。むくみ改善したい方は参考になさってくださいね。
乳酸菌は便秘解消の効果がある?便秘解消して詰まりをなくそう!
乳酸菌をとることで、便秘を解消することができるといわれています。便秘は体内の詰まりです。不要な便を取り除くことは身体にゆとりをもたせてくれます。血液やリンパ液の流れを妨げない体づくりの基本です。
するるのおめぐ実の成分を教えて下さい
むくみ解消に効果があると言われるサプリメント『するるのおめぐ実』の成分と期待できる役割について解説しています。
するるのおめぐ実主成分の役割ってどんなもの?
するるのおめぐ実に含まれる主成分の効果はどのようなものなのかご説明致します。むくみ解消を望む方が知っておくと役立つ知識になりますよ♪