とうもろこしのひげ効果とは?

とうもろこしのひげって体にいいの?

 

とうもろこしのひげは中医学では玉米髭(ぎょくべいしゅ)という利尿効果のある薬です。中医学とは、中国伝統医学の略で、針灸治療や漢方薬などならご存知の方は多いのではないでしょうか。漢方で使われるほど、栄養価が高いのです。

 

とうもろこしのひげには、カリウム、食物繊維、鉄、ビタミンKといった栄養素が豊富に含まれています。利尿効果のほかには、体の余分な熱を外に出す働きもあるとされています。現代医学でも、利尿、血糖低下、血圧の降下、利胆、止血などの効果が認められています。

 

そして、とうもろこしのひげは食べることもできます。
とうもろこしのひげには、食物繊維が多く含まれているので、美容大国の韓国では、便秘解消にもよく利用されています。また、しみやそばかすの原因である、メラニン色素を排出する効果もあると言われています。

 

では、具体的にどんな働きをするのか、とうもろこしのひげに含まれるカリウムで考えてみましょう。

 

カリウムはナトリウムの排出を促す働きがあります。むくみは、体内のナトリウムの量と密接な関係があります。人間の体は、ナトリウムの濃度を一定に保とうとしますが、何らかの原因でナトリウムが増えすぎてしまうと、その濃度を下げようとして、体内に水を補充しようとします。しょっぱいものを食べると、のどが渇き、水を飲みたくなるのは、そういうことなのです。

 

そして、水分の過剰摂取によって、むくみが起きます。ナトリウムの濃度が、正常になれば、水分量も正常になるので、むくみは収まります。つまり、ナトリウムを排出するカリウムを摂取すれば、余分な水分も体内から排出され、むくみは解消されるのです。だから、カリウムはむくみ解消に良いのです。

 

1日に必要なカリウムの量は、成人男性で2500mg、成人女性で2000mgです。
1日3回の食事をバランスよくきちんと食べ、塩分をとりすぎていなければ、ほぼ大丈夫ですが、最近の食事は塩分量が多い傾向にあります。野菜や果物をあまり食べない人も注意が必要です。

 

ナトリウムが増えすぎないように、カリウムを意識的にとるといいでしょう。最近では、カリウムが脳卒中の予防や、骨密度の増加にもつながることが分かってきました。そのカリウムを豊富に含むとうもろこしのひげは、もちろん、体にいいと言えるでしょう。ただし、腎機能に問題がある人は、カリウムの摂取に制限がある場合がありますので、注意が必要です。

 

 

するるのおめぐ実は楽天やamazonよりも公式サイトがお得♪

今なら初回限定で70パーセントOFFキャンペーン中!

するるのおめぐ実むくみ効果口コミボタン

関連ページ

明日葉に含まれる成分をチェック
あしたばはむくみに効果があるといわれています。ここで、明日葉に含まれる成分をチェックしました。栄養満点の成分あなたはいくつ知っていますか?
赤ぶどう葉はむくみ解消の救世主!
赤ぶどう葉は、赤ぶどう、ワインやハーブティーなどに活用され愛飲されている素材です。むくみに効果があるといわれているこの赤ぶどう葉。その仕組みとむくみに対する働きをまとめました。参考にどうぞ。
とうもろこしのひげ 実はスゴイんです
とうもろこしのひげ、食べたことありますか?日本では捨てられてしまいがちなヒゲは韓国では煎じてお茶としてうられているんですよ。むくみに効果があるといわれているので、むくみやすい人は要チェック!
乳酸菌は便秘解消の効果がある?便秘解消して詰まりをなくそう!
乳酸菌をとることで、便秘を解消することができるといわれています。便秘は体内の詰まりです。不要な便を取り除くことは身体にゆとりをもたせてくれます。血液やリンパ液の流れを妨げない体づくりの基本です。
するるのおめぐ実の成分を教えて下さい
むくみ解消に効果があると言われるサプリメント『するるのおめぐ実』の成分と期待できる役割について解説しています。
するるのおめぐ実主成分の役割ってどんなもの?
するるのおめぐ実に含まれる主成分の効果はどのようなものなのかご説明致します。むくみ解消を望む方が知っておくと役立つ知識になりますよ♪